ああああ


by apim9xhdny

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 22日午後2時ごろ、群馬県高崎市吉井町馬庭の陸上自衛隊関東補給処吉井弾薬支処で、検査中の誘導弾が誤発射された。弾は検査場の壁を突き抜け、敷地内の土手に当たったが、爆発や火災は発生せず、けが人はなかった。

 群馬県警によると、誘導弾の検査中に、隊員が誤って試験ケーブルを引き抜き、弾が発射されたという。この事故で、検査にあたっていた男性隊員1人が爆風による耳の異常を訴えて病院に搬送されたが、検査の結果、けがはなかったという。

 同支処は「状況などの詳細は分からない」としている。

【関連記事】
陸上自 旅行積立金着服の自衛官を免職
年間で40億円を6社で?! 航空自衛隊の官製談合
陸自下志津駐屯地で市民と掃除作戦 千葉
酒気帯び容疑で自衛官逮捕
自衛隊に初の女性基地司令「積極的PR、親しんでもらう」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

4月分の給与支払わず=免職取り消しの職員に−阿久根市(時事通信)
山崎飛行士 優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
「夢の宇宙」支えた家族=入浴剤、そばで出迎え−山崎さん、今夜帰還(時事通信)
衆院選定数訴訟できょう判決=高裁9判断出そろう−札幌(時事通信)
首相一転「資料提出必要ない」…偽装献金事件(読売新聞)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-04-27 18:48
 新川達郎・同志社大学大学院教授(地方自治論)の話

 橋下徹知事の発言は、ときに行き過ぎて(自ら)訂正することもあるが、一貫して世間の関心を集める議論を巻き起こし、落としどころを探る手法を取っている。大阪府と大阪市の関係を組み立て直すという地域政党「大阪維新の会」の動きも、そうした観点が感じられる。

 府と市町村の関係を変える目的で、政治集団をつくるのだから、府議会だけでなく市議会も取り込もうというのも合理的な判断。各議会の自主性を失わせるのではないかという指摘もあるだろうが、この行動は地方制度のあり方を考えるうえで、重い一石を投じることになるだろう。

 「大阪都構想」は50〜60年前から何度も繰り返されているテーマで、終戦直後にも「大阪商工都」案という都制案が提示されたこともあった。一方、大阪市も大阪府から離脱する案を繰り返し提示している。

 従来の議論は首長や各議会がばらばらに主張をしていただけだったが、今回はそれらをまたいだ政治集団ができ、提案に重みがつくといえる。

 しかし、新党の政策はまだ途中段階で、プランを深め、公約をつくるという作業はこれからになる。これから丁寧な議論ができるかどうかで新党の真価が問われる。

 新党の政策はあくまで議論のテーマとして捉えるべきものだ。今後、これをまったく変えないということではなく、内容をきちんと問い直す必要があるからだ。

 一方、議員に期待されているのは、住民代表として首長とは異なる視点でよりよい決定をすることにある。仮に、知事の言うことを、議員がオウム返しのように賛同して唱えているのだけの集団ができるのなら、議会機能を失うことにもなりかねない。

 もし、今回、橋下知事人気をあてこんで選挙めあてや数合わせの集団ができたのなら、それは議会政治の自殺行為だろう。しかし、首長、議員が参加する自治体をまたいだ政策議論がきちんとできるのなら、それは新たな自治のあり方を提示する可能性にもなる。どちらになるのかは、今後の大阪維新の会の活動にかかっている。

【関連記事】
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」
知る人ぞ知る大阪情報“発信基地”「大阪名品喫茶 大大阪」
橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議
橋下府知事、「舛添新党」応援は大阪のためになるかで判断
橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<東北新幹線>新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)
子宮頸がんワクチン 国の費用負担求める声(産経新聞)
検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴(産経新聞)
26日に魁皇への顕彰式=政府(時事通信)
<学級編成>増やすの忘れた?入学早々クラス替え 名古屋 (毎日新聞)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-04-23 04:10
 平野博文官房長官は12日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の代替施設建設を平成26年までに完了するとの日米合意について「政権交代していろいろなプロセスを経ており、多少の遅れはあるかもしれない」との見通しを示した。

 移設先とされる沖縄県などの地元自治体が反対しているうえ、米側が移設に関する実務者協議を拒否しており、鳩山由紀夫首相が目指す5月末までの決着が極めて困難になったためだ。

 平野氏は普天間返還を含めた在日米軍再編のロードマップ(行程表)については「基本的な考え方を変える理屈はない。それに沿ってやっている」と述べた。

 移設問題をめぐって、政府は今週から米側との実務者協議に入る考えだった。しかし、ルース駐日米大使は9日、岡田克也外相に対し、日本側が想定する移設先について地元の同意が得られていないことを理由に協議に応じないと伝えた。

 平野氏は会見でこの点について「(米側が)拒否したわけではなく、当面は大使と外相のラインでやり取りすることになった」と説明した。もっとも、実務者協議が見送りになったことは「日本側が想定する移設先について、米側が求める軍事的な仕様を満たすかを確認できなくなる」(防衛省幹部)ことを意味する。

 また、平野氏は12日、沖縄県議会の高嶺善伸議長と会談し「県外(移設)を軸に県民の負担を軽減し(普天間の)危険性を除去する考えの下で動いている」と述べ、普天間の基地機能を可能な限り徳之島(鹿児島県)など県外に分散移転させる考えを示した。

 高嶺氏は米自治領北マリアナ連邦のサイパン、テニアン両島への移設を求めたが、平野氏は「現時点では難しい」と否定的な見解を示した。

<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)
カメラ担いだ村本さんに水平射撃、即死か(読売新聞)
消費税、14日に議論=逆進性対策などテーマに−税調専門家委(時事通信)
【from Editor】懐かしい上坂先生の一喝(産経新聞)
「やり過ぎれば死ぬ」と供述=1歳男児変死、傷害致死で捜査−大阪府警(時事通信)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-04-20 14:25
 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は7日の記者会見で、郵政改革法案について「来週いっぱいで法案の細部を詰められるかどうか。遅くても再来週の火曜の閣議に出したい」と述べ、20日までの国会提出を目指す考えを示した。 

【関連記事】
閣僚記者会見「開放」進む ネットから大臣へ“ヤジ”
亀井氏 平沼・与謝野新党に「政策逆の2人が組んでキョトン」
平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」「期待していない」
なぜか不評「亀井法」中小企業82.3%申請せず
「赤字国債増やすだけ」 中田氏、郵政改革で亀井氏を痛烈批判
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<東広島市長選>蔵田氏が無投票で再選 広島(毎日新聞)
市民から浮く首相の意識(産経新聞)
沖縄戦の展示内容を再検討 抗議殺到で歴博 千葉(産経新聞)
慎太郎知事「シルバー新党」に怒り爆発!「このままじゃ死ねない。若いやつは腰抜け」(スポーツ報知)
<火災>粗大ごみ処理施設のピット焼く 愛知・一宮(毎日新聞)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-04-14 11:07
 岡田克也外相は2日の記者会見で、中国政府が日本人3人の死刑執行を近く行うと日本政府に通告してきたことを明らかにした。3月29日に別の死刑囚の執行を伝えてきたばかりで、中国国内で死刑が行われる予定の日本人は計4人になった。いずれも今月上旬に執行される可能性がある。

 岡田氏は2日、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、日本国民の対中感情に悪影響を与えかねないと懸念を伝えた。

 外務省によると3人は▽名古屋市の無職、武田輝夫(67)▽岐阜県の同、鵜飼博徳(48)▽福島県の同、森勝男(67)の3死刑囚。瀋陽の日本総領事館に1日、文書で通告された。3人は、中国国内で購入した大量の覚せい剤を日本に密輸しようとした疑いで03〜04年、中国当局に逮捕された。いずれも麻薬密輸罪で起訴され、07年に死刑判決が確定していた。先に通告してきたのは中国国内で麻薬密輸罪で死刑判決が確定していた赤野光信死刑囚(65)。

 岡田氏は記者会見で「死刑が4人続くことが国内世論に影響を及ぼす」と指摘、中国政府の対応に疑問を示した。【野口武則、吉永康朗】

【関連ニュース】
埼玉保険金殺人:八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁
イラン:反政府デモ拘束者解放求め、刑務所前に毎晩市民
大阪パチンコ店放火:「絞首刑は残虐で違憲」弁護側主張へ
ファイル:内政・外交・安保 死刑執行通告、政府が「懸念」
死刑:執行、中国1000人超 2カ国制度廃止−−09年、アムネスティ報告

<与謝野氏>新党8日にも旗揚げ 「私は応援団」と石原知事(毎日新聞)
園田氏、新党結成へ決意(時事通信)
強風か、桜の木倒れる=けが人なし−東京・上野公園(時事通信)
「参加してよかった」高齢者対象の交通安全教室開催 警視庁大塚署(産経新聞)
<スペースシャトル>山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ (毎日新聞)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-04-09 00:46
 興南(沖縄)の初優勝で幕を閉じた選抜高校野球大会。準優勝に終わった日大三の山崎福也(さちや)投手(17)は、脳腫瘍(しゅよう)という難病を乗り越え、決勝のマウンドに立った。惜しくも優勝は果たせなかったが、「野球がやれるだけで幸せ。いろいろな人に感謝の気持ちを込められました」。苦境を乗り越えた顔に、悔しさはなかった。

 「手術しなければ、このままでは余命は7〜8年です」。山崎投手がこう宣告されたのは2年前。親元を離れた寮生活がスタートする高校入学直前、「頭からつま先までくまなく調べてもらおう」と母の路子さん(48)が思い立った健診で、脳腫瘍が見つかった。

 身長185センチと体格にも恵まれ、幼いころから風邪ひとつひいたことがなかった。「たびたび熱を出したりしていれば、こんな大きな病気になることはなかったのでは…」。割り切れない思いが路子さんを苦しめた。山崎投手は「何で自分が病気にならなきゃいけないんだ」と絶望感にさいなまれると同時に、「自分は死んでしまうのか」と恐怖感に襲われたという。

 名医を頼って北海道まで飛んだ。入院中のベッドでは、兄の福之(ふくゆき)さん(19)が聖望学園(埼玉)の選手として甲子園で活躍する姿がテレビに映っていた。

 「自分もあの場に立ちたい」。野球への思いを強めたという。6時間にも及ぶ手術は成功。「また野球ができるよ」。医師からの言葉に、胸を詰まらせた。

 難病を克服したことで、「どんな困難にも意味があるし、乗り越えれば今以上のものが得られる。何よりピンチをチャンスだと思えるようになった」と、母子は口をそろえる。

 山崎投手は大会で全試合に登板し、打っては個人大会通算最多安打タイ記録をマーク。決勝でも166球の力投を、母が見守る前で見せた。

 今でも年3回の検査を受けるなど、再発の恐れも残っている。しかし、路子さんは「病気をもっていても夢をかなえるための努力を続けてほしい。そうすれば願いは必ず通じる」と断言する。「それを福也が証明してくれた」と。(石井那納子)

郵政決着、小沢流戦術が影響 参院選にらみ「郵政票」に軍配(産経新聞)
線路脇に転落、男性作業員死亡=電車の架線で感電か−東京・港(時事通信)
<水俣病>和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
防犯カメラ設置で痴漢被害半減…JR埼京線(読売新聞)
アフガニスタン 不明の常岡さん グルジア取材でも拘束(毎日新聞)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-04-05 23:37
 230本以上の映画の美術を手掛け、多彩な表現で作品を支えた映画美術監督の木村威夫(きむら・たけお)さんが21日午前5時45分、間質性肺炎のため東京都内の病院で死去した。91歳。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く。喪主は長女山脇桃子(やまわき・ももこ)さん。

 東京生まれ。10代で舞台美術の伊藤熹朔(きさく)に師事したが、1941年に日活へ入り、映画美術を担当。豊田四郎、久松静児、内田吐夢らの監督作品で職人的な技術を発揮した。一方、「東京流れ者」「ツィゴイネルワイゼン」などの鈴木清順監督作品では、原色を大胆に使った装飾、象徴的なセットで独特の世界を表現した。

 ベテランから若手まで、さまざまな監督と組み、毎日映画コンクールの美術賞を3度受賞。対象作は、54年度が豊田監督の「或る女」と山村聡監督の「黒い潮」▽81年度が熊井啓監督の「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」▽86年度が熊井監督の「海と毒薬」、根岸吉太郎監督の「ウホッホ探険隊」、林海象監督の「夢みるように眠りたい」だった。

 日活を退職した後も美術監督を続け、日活芸術学院や東京工芸大などで後進を指導した。08年、90歳のときに「夢のまにまに」で長編監督デビュー。09年にも監督作「黄金花 秘すれば花、死すれば蝶」を発表した。

「盗み聞き」不倫の証拠に、大阪高裁逆転判決(読売新聞)
B型肝炎、7地裁で追加提訴(産経新聞)
吹き矢フッ!で健康に、愛好者じわり広がる(読売新聞)
トラブル後も速度20キロ超過 大阪市営地下鉄ずさん運行(産経新聞)
「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-04-01 04:18