ああああ


by apim9xhdny

<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 肺炎のため先月24日から入院していた落語芸術協会会長の桂歌丸さん(73)が5日、退院した。症状が落ち着いたためという。6日に東京都内で収録される歌丸さん司会の人気番組「笑点」(日本テレビ系)には出演する。

【関連ニュース】
【関連記事】桂歌丸さん:横浜市内の病院に緊急入院 体調不良で
【昨年も入院】桂歌丸:肺気腫に懲りて禁煙宣言! 「笑点」収録後に復帰会見
特集ワイド:笑点 円楽さんにも座布団! 桂歌丸さんが寄せる思い
六代目・円楽披露パーティー:歌丸&談志が来た
質問なるほドリ:落語家の団体はなぜいくつもあるの?

証人の石井一議員「国会行かずゴルフ」 アリバイで口利き否定 郵便不正公判(産経新聞)
60年大地震の20分の1か=エネルギー規模−気象庁課長(時事通信)
人材派遣協理事長・副理事長の会社に改善命令(読売新聞)
自宅たまり場に大麻吸引=少年ら4人逮捕、家出中学生も−大阪府警(時事通信)
船形山遭難事故 男女3人が自力下山(産経新聞)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-03-07 14:18
 がんに対する正確な理解を深める「がんを知る全国フォーラムin神奈川」(毎日新聞社、神奈川新聞社、神奈川県共催、アフラック協賛)が27日、横浜市中区で開かれた。東大付属病院放射線科准教授の中川恵一さんと女優の仁科亜季子さんらが、約700人の参加者に予防策や早期治療の重要性を訴えた。

 中川さんは「日本は2人に1人ががんになる世界一のがん大国なのに、対策は後進国だ」と指摘。子宮頸(けい)がんを克服した仁科さんは「子宮頸がんはワクチン接種で予防できる。まず検診を受けて」と呼び掛けた。肺がんを乗り越えたNPO法人「がん患者団体支援機構」副理事長の三浦秀昭さんは「がんに負けない勇気を持ち、夢と希望を持って生きることが必要だ」と語った。

【関連ニュース】
子宮頸がん:産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/2止 「検診、ワクチンで予防を」
子宮頸がん:産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/1 「進行すると大手術に」
1月号
がんの市民講座から:/下 先端医療、特徴理解して
掲示板:「子宮頸がんは予防できる!…」ほか

<法曹養成>法科大学院など見直し 法務・文科省が議論開始(毎日新聞)
小林秀雄、幻の講演「本居宣長」テープ発見(読売新聞)
雑記帳 歴女来たれ…「甲州軍団出陣」信玄と歩く女性募集(毎日新聞)
大きな波落ち着いたら解除判断…気象庁一問一答(読売新聞)
<鳩山首相>小沢氏と参院選に向け会談(毎日新聞)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-03-05 23:16
 福井県美浜町の山中で08年9月、建て替え中の関西電力の鉄塔が倒壊し、関電の協力会社の作業員2人が死亡し2人が重傷を負った事故で、福井県警は28日、業務上過失致死傷容疑で鉄塔を設計した関電電力システム技術センター(大阪市北区)を家宅捜索した。

 この事故で同県警が関電組織を家宅捜索するのは初めて。捜査関係者によると、県警は押収した資料などから同社社員らの過失責任を詳しく調べ、立件の可否を判断する。

 同センターは関電本店の一組織で、発電所以外の電力設備の建設、設計を担当。センターが入るビルには午前9時45分ごろ、捜査員約40人が訪れ、捜索は午後7時まで続いた。同県警は、鉄塔の破断面などを専門機関で鑑定、関係者から事情聴取するなどして、工事に問題がないか捜査していた。

 一方、関電は独自に原因究明し、鉄塔が工事の過程で片側だけに送電線を張った状態になったために荷重が偏り、一部の鋼材が強度不足で破断し倒壊した、とする調査結果を08年12月に経済産業省に提出。工事前に強度計算をしていなかったことも認めている。

 捜索を受け関電は「すべての事業活動で安全を最優先にすべく、全社一丸となって取り組む」とのコメントを出した。【幸長由子、佐藤慶】

【関連ニュース】
プルサーマル計画:伊方原発3号機で送電開始へ
私のスタイル:関西電力広報宣伝グループ・チーフマネジャー、槙山実果さん
東北電力:伐採木で火力発電燃料、来年5月に試験導入 /宮城
冬山訓練:送電線事故に対応−−田代平 /青森
つり掛け式貨車輸送:150トンの変圧器、専用貨車で−−三菱電機赤穂工場 /兵庫

<山本病院事件>逮捕の医師が拘置中に死亡 奈良(毎日新聞)
キャップ・アンソン
C61運行再開へ準備=さいたま市の車両センターで(時事通信)
【集う】東恵美子・青年座葬(2日、東京・渋谷の青年座劇場)(産経新聞)
羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-03-04 03:27
 鳥取県米子市で起きた強盗殺人事件を巡る鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)での裁判員裁判は4日目の26日、論告・求刑公判が開かれ、検察側は「追いつめられた挙句の反抗で情状の余地はある」として無期懲役を求刑した。被害者が2人のため裁判員裁判で初めて死刑が求刑される可能性があったが、検察側は被告の情状面を勘案した。判決は3月2日午後3時からの予定。

 起訴されているのは影山博司被告(55)。被害者は勤務先の税理士事務所代表、石谷英夫さん(当時82歳)と同居の大森政子さん(同74歳)。

 検察側は論告で「うらみが原因とは否定しないが、借金返済のため通帳などを奪う目的もあった。事件当時、資金繰りのピンチを乗り切るにはどうしても金が必要だった」と動機を指摘した。一方、被告はこれまでの公判で、2人を殺害したことは認めているが、強盗目的ではなかったと主張している。

 この日は論告・求刑に先立ち被告人質問も行われた。裁判員は影山被告に、事件で奪ったとされる金の使途などを尋ねた。

 午後から弁護側の最終弁論と被告の最終意見陳述があり結審する。裁判官と裁判員らは、同日の結審後と3月1、2日の3日間かけて評議を行う。

【関連ニュース】
裁判員裁判:鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問
裁判員裁判:凶器の工具など証拠品確認 鳥取の強盗殺人
裁判員裁判:米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認
裁判員裁判:死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件
裁判員裁判:初の死刑求刑の可能性 強盗殺人で鳥取地裁

国際空手道円心会館日本総本部
<お手柄中3生>火災の住宅から幼い姉妹ら救出 大津(毎日新聞)
タルトゥ
被害者支援のあり方研修=児童ポルノで初めて−警察庁(時事通信)
政府、ベトナムに原発売り込み=鳩山首相がトップセールスへ(時事通信)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-03-02 20:09
 社民党の重野安正幹事長と国民新党の自見庄三郎幹事長が26日、国会内で会談し、民主党の小沢一郎幹事長に、与党3党幹事長による会談を定期的に開くよう要請することを決めた。野党時代は毎週月曜日に3党幹事長会談を開いていたが、小沢氏の幹事長就任を機になくなった。重野氏は会談後の記者会見で「3党は政策含めて全部一緒じゃない。連立政権の維持に呼吸を合わせることが重要」と話した。

【関連ニュース】
鳩山首相:朝鮮学校の除外は未定 高校無償化で
鳩山首相:ハーグ条約 批准準備に意欲示す
国会:自民、苦肉の審議復帰 民主「政治とカネ」置き去り
内閣特別顧問:稲盛和夫氏に辞令
トヨタ:米公聴会への社長出席「真摯に対応を」…鳩山首相

誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」(産経新聞)
事務会合メンバーが原爆資料館訪問=広島・APEC(時事通信)
偽装認知で比人ホステスら逮捕=子供に日本国籍−兵庫県警(時事通信)
小林氏の選対事務所維持費、北教組が「丸抱え」(読売新聞)
マンション更新料返還求める訴訟で家主の控訴棄却 大阪高裁(産経新聞)
[PR]
by apim9xhdny | 2010-03-01 16:07